top of page
検索
  • 執筆者の写真成田悦子

Good-by to All That Robert Graves 成田悦子訳


6歳になると、僕は幾つかの予備スクールに行った。いの一番はウィムブルダンの女教師学校だった、しかし僕の父は、教育専門家として、僕をそこに長く居させる気はない。彼は20-3-時間割の大変さに一日悲鳴を上げている僕に気付いた、併(あわ)せて僕達が使った

質疑‐と‐応答の歴史書にも不満を示した、それは始まった:


問い:なぜブリトゥン(英国人)はそうよばれたか?

答え:なぜなら彼らは彼ら自身を青色に塗ったから。


更に、彼らは僕にメトゥラノウムに合わせて暗算をさせた!僕はこの拷問の下で神経症を患い、一度自ら小便を漏らした。そこで僕の父は、僕をキングズ・カリジ・スクール、ウィムブルダンに僕を送った。僕はちょうど7歳になったばかりで、そこでは最も若い男子で、彼らは19歳になろうとしていた。僕の父は2学期の後、僕を連れ去った、なぜなら僕が下品な言葉を遣っているのを耳にしたから。僕はラトゥン(ラテン語)を始めた、が誰もラトゥンが意味するのは何か説明しなかった;その語形変化と活用は、僕には全く呪文でしかなかった。

27

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳 

彼女は心配して僕達の読み物を検閲した。僕はたとえ立派な人でなくても、少なくとも善良な人になるよう定められた、僕達の楽しみは教育的か美的かだった:キュー王立植物園、ハムプタン・コートゥ、動物園、大英博物館か国立歴史博物館へ。僕は僕の母が大英博物館の宝物部屋で、僕達にこれらの素晴らしい物は皆私達の物だったのよと晴れやかな眼差しで僕達に話していたのを覚えている。僕達はびっくりして彼女を見た。彼女は言った

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

Ⅴ 僕は僕の生活のかなりの部分をウイムブルダンで送った。僕達はその家、公有地に近い大きな一軒を処分しなかった、終戦後しばらくは;未だに僕はそこで起こった重大なことのほとんど、それどころか何一つ思い出せない。しかし11か12歳の後、僕は何時も寄宿学校にいて、その田舎町で夏の休日を過ごした、そう僕はクリスマスや他の休日の始まりと終わりに1日か2日だけウイムブルダンを見た。ランダン(ロンドン)は離れた所

Good-bye to All That Robert Graves 成田悦子訳

どんな家庭内のことでも最後の決断は何時も僕の父次第だった。僕の母は言ったものだ;「二人一緒に乗馬をすれば、一人は後ろに乗るしかないのよ。」僕達子供は上手にジャーマン(ドイツ語)を話さなかった;僕達の性や少数に当たる部分は振れ易く、僕達はゴスイック文字も筆記体文字も読みたくて学んだことはなった。それでも僕達はジャーマン(ドイツ人)の意識はかなり根強く、僕はフレンチ(フランス語)よりジャーマン(ドイツ

bottom of page